« 与 勇輝 人形の世界 | トップページ | 携帯メルアド変更に伴うテスト »

2007年8月 9日 (木)

霧島九面太鼓との出会い

昨日、たまたま AMU 広場の前を通ったら、和太鼓の演奏に出会いました。
軽快な篠笛の演奏から始まり、すぐに豪快な和太鼓の音が重なっていきます。

霧島九面太鼓の「和奏(わかな)」のメンバーの方々でした。

リーダーの橋本真由美さんは「第一回東京国際和太鼓コンテスト」の大太鼓部門で最優秀賞を受賞された方で、大太鼓の演奏は「さすが」の一言でした。

迫力のある演奏もすばらしかったのですが、私が魅了されたのは背中から肩、腕へと繋がる、引き締まった筋肉の動きの美しさでした。「機能美」と表現して良いのでしょうか?

他のメンバーを交えた組太鼓の演奏も、音、動きともすばらしいモノでした。
本当に偶然の出会いだったのですが、すばらしい感動をもらえて幸せなひとときでした。

« 与 勇輝 人形の世界 | トップページ | 携帯メルアド変更に伴うテスト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112020/16054518

この記事へのトラックバック一覧です: 霧島九面太鼓との出会い:

« 与 勇輝 人形の世界 | トップページ | 携帯メルアド変更に伴うテスト »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ