« LocoRoco !! | トップページ | 与 勇輝 人形の世界 »

2007年5月27日 (日)

弁護士の役割とは?

5月24日から始まった山口県光市の母子殺人事件の差し戻し控訴審の報道で、被告人の弁護団の主張を聞いていて、非常に不快な思いをした。また、弁護士とはこんなものなのかと不信感でいっぱいになった。

自分の感じたことに関しては、その後に行われた記者会見で被害者の夫である木村氏が述べられたこととほぼ同じなので、詳しくは述べないが……。

 

 

『弁護士』ってなんだろう?

私は、『弁護士』は事件の真実を明らかにし、被告人が犯した罪以上の罰を受けないように弁護し、被告人を守る人たちだと思っていた。ただその過程で正当な手段が用いられるべきであるし、被告人の罪を軽くするために真実をゆがめることはあってはならないと思う。

ところが今回の裁判での弁護団の主張は、素人の私が聞いていても全く筋が通っていない。被告人を死刑にしないために、事実から目を逸らし屁理屈をこねているようにしか見えない。あまりに稚拙なストーリーの作り方にあきれるばかりである。

ちゃんとした大学を出て、司法試験に合格し、十分経験を積んできた弁護士たちが、あんな主張を恥ずかしげもなく展開できるのにはびっくりである。

さらに、弁護団が『死刑廃止論者』の集まりらしいというのを聞いて、さらに不快感は増すばかり……。結局この裁判を死刑廃止運動に利用しようとしているだけなのか?『死刑廃止』という目的のためには手段を選ばないのか?

もしそうだとしたら、それは法律に携わる者の姿勢ではないと思う。

 

 

私がここに書いた内容と同じような記事が、すでにたくさん出ていると思う。ただ、どうしても書かずにいられなかった。内容も決して理路整然とは行かなかったが、この事件の弁護団に対して怒りを募らせている人間がここにも居るんだぞ!というコトを表明したかった。

« LocoRoco !! | トップページ | 与 勇輝 人形の世界 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112020/15215562

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士の役割とは?:

« LocoRoco !! | トップページ | 与 勇輝 人形の世界 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ